分類 研究会・全国大会等
著者名 (author) 青木直己,亀井清華,藤田 聡
英文著者名 (author) Naomi Aoki, Sayaka Kamei, Satoshi Fujita
編者名 (editor)
編者名 (英文)
キー (key)
表題 (title) ネットワーク再構成を用いたインタレストマイニング法の改良
表題 (英文)
書籍・会議録表題 (booktitle) 電子情報通信学会情報ネットワーク研究会
書籍・会議録表題(英文)
巻数 (volume)
号数 (number) IN2008-27
ページ範囲 (pages) 7-12
組織名 (organization)
出版元 (publisher)
出版元 (英文)
出版社住所 (address)
刊行月 (month) July
出版年 (year) 2008
付加情報 (note) 神戸大学
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) 管理サーバをもたない非構造化P2Pでは,充分な検索結果を得ると同時に,検索クエリ送信に伴うメッセージ数を低く抑えることが要求される.この要求を満たすため,Tanら[4]は文書ファイルを対象としたInterest Miningという検索手法を提案している.この手法では,自身のもつ興味に類似したファイルをもつピアに対してのみクエリを送信することでメッセージ数を抑えることができているものの,ピアはランダムに隣接ピアを選択してネットワークに加わるため,充分な情報検索ができない場合が多い.そこで本稿では,Interest Miningをもとにメッセージ数の増加を抑えつつ,ネットワーク再構成を導入することによってその情報検索の問題を解決する手法を提案する.また,計算機シミュレーションにより,提案手法が他の手法よりも少ないメッセージ数で,Interest Miningにおける問題点を解決できていることを示す.
論文電子ファイル Not available.


[3-1]  青木直己, 亀井清華, 藤田 聡, ``ネットワーク再構成を用いたインタレストマイニング法の改良,'' 電子情報通信学会情報ネットワーク研究会, no. IN2008-27, pp. 7-12, July 2008. (神戸大学)

@inproceedings{3_1,
    author = {青木直己 and 亀井清華 and 藤田 聡},
    author_e = {Naomi Aoki, Sayaka Kamei, Satoshi Fujita},
    editor = {},
    editor_e = {},
    title = {ネットワーク再構成を用いたインタレストマイニング法の改良},
    title_e = {},
    booktitle = {電子情報通信学会情報ネットワーク研究会},
    booktitle_e = {},
    volume = {},
    number = {IN2008-27},
    pages = {7-12},
    organization = {},
    publisher = {},
    publisher_e = {},
    address = {},
    month = {July},
    year = {2008},
    note = {神戸大学},
    annote = {}
}

This site is maintained by Distributed System Laboratory.

PMAN 2.5.5 - Paper MANagement system / (C) 2002-2008, Osamu Mizuno / All rights reserved.