分類 研究会・全国大会等
著者名 (author) 田頭茂明,齋藤美幸,藤田 聡
英文著者名 (author) Shigeaki Tagashira,Miyuki Saito,Satoshi Fujita
編者名 (editor)
編者名 (英文)
キー (key)
表題 (title) パッシブ型RFIDを用いた方向検出システム
表題 (英文)
書籍・会議録表題 (booktitle) 電子情報通信学会モバイルマルチメディア通信研究会
書籍・会議録表題(英文)
巻数 (volume)
号数 (number) MoMuC2006-30
ページ範囲 (pages) 25-30
組織名 (organization)
出版元 (publisher)
出版元 (英文)
出版社住所 (address)
刊行月 (month) July
出版年 (year) 2006
付加情報 (note) 関西大学千里山キャンパス
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) 本稿では,リーダの読み取り方向を検出できるパッシブ型RFIDを用いた方向検出システムを提案する.方向の検出には,リーダとタグとの角度が通信範囲に影響を与えるという電磁誘導方式の特性を利用している.具体的には,この電磁誘導方式の特性を利用して,リーダの読めるタグが識別可能な各方向で異なるように複数枚のタグを配置する.方向の検出時には,リーダが読むことができたタグから,リーダの読み取り方向を推定する.提案する方向検出システムのプロトタイプシステムを周波数13.56MHz帯のパッシブ型RFIDを用いて実際に作成し,提案方式の性能評価を行った.実験の結果から,提案システムを用いて8方向の検出を9cm 以内で安定してできることがわかった.
論文電子ファイル Not available.


[3-11]  田頭茂明, 齋藤美幸, 藤田 聡, ``パッシブ型RFIDを用いた方向検出システム,'' 電子情報通信学会モバイルマルチメディア通信研究会, no. MoMuC2006-30, pp. 25-30, July 2006. (関西大学千里山キャンパス)

@inproceedings{3_11,
    author = {田頭茂明 and 齋藤美幸 and 藤田 聡},
    author_e = {Shigeaki Tagashira,Miyuki Saito,Satoshi Fujita},
    editor = {},
    editor_e = {},
    title = {パッシブ型RFIDを用いた方向検出システム},
    title_e = {},
    booktitle = {電子情報通信学会モバイルマルチメディア通信研究会},
    booktitle_e = {},
    volume = {},
    number = {MoMuC2006-30},
    pages = {25-30},
    organization = {},
    publisher = {},
    publisher_e = {},
    address = {},
    month = {July},
    year = {2006},
    note = {関西大学千里山キャンパス},
    annote = {}
}

This site is maintained by Distributed System Laboratory.

PMAN 2.5.5 - Paper MANagement system / (C) 2002-2008, Osamu Mizuno / All rights reserved.