分類 研究会・全国大会等
著者名 (author) 田頭茂明,安田健一,藤田 聡
英文著者名 (author) Shigeaki Tagashira,Ken'ichi Yasuda,Satoshi Fujita
編者名 (editor)
編者名 (英文)
キー (key)
表題 (title) グループの動的形成に基づく無線LANのための適応的メディアアクセス制御手法
表題 (英文)
書籍・会議録表題 (booktitle) 電子情報通信学会モバイルマルチメディア通信研究会
書籍・会議録表題(英文)
巻数 (volume)
号数 (number) MoMuC2006-65
ページ範囲 (pages) 25-30
組織名 (organization)
出版元 (publisher)
出版元 (英文)
出版社住所 (address)
刊行月 (month) January
出版年 (year) 2007
付加情報 (note) 広島市まちづくり市民交流プラザ
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) 無線LANにおいてメディアアクセス制御機構(MAC)を用いることで,単一の無線
通信チャネルを複数の端末間で共有することができる.しかしながら,既存の
MAC手法では,フレーム衝突の発生や不必要な通信帯域の割り当てが問題となり,
通信帯域を有効に利用できない状況がある.本稿では,フレームの衝突確率を
抑えながら,通信帯域を効率的に利用する無線LANのための新しいMAC手
法を提案する.基本的なアイデアは,事前に端末に割り当てた識別子からグルー
プを動的に形成し,各グループに対してチャネルを割り当てていくことである.提
案手法は,パラメータを適切に調節することにより,通信環境に応じたチャネ
ル割り当てを行うことができる.シミュレーションの結果から提案手法は安定
した性能を達成できることを確認できた.
論文電子ファイル Not available.


[3-5]  田頭茂明, 安田健一, 藤田 聡, ``グループの動的形成に基づく無線LANのための適応的メディアアクセス制御手法,'' 電子情報通信学会モバイルマルチメディア通信研究会, no. MoMuC2006-65, pp. 25-30, January 2007. (広島市まちづくり市民交流プラザ)

@inproceedings{3_5,
    author = {田頭茂明 and 安田健一 and 藤田 聡},
    author_e = {Shigeaki Tagashira,Ken'ichi Yasuda,Satoshi Fujita},
    editor = {},
    editor_e = {},
    title = {グループの動的形成に基づく無線LANのための適応的メディアアクセス制御
    手法},
    title_e = {},
    booktitle = {電子情報通信学会モバイルマルチメディア通信研究会},
    booktitle_e = {},
    volume = {},
    number = {MoMuC2006-65},
    pages = {25-30},
    organization = {},
    publisher = {},
    publisher_e = {},
    address = {},
    month = {January},
    year = {2007},
    note = {広島市まちづくり市民交流プラザ},
    annote = {}
}

This site is maintained by Distributed System Laboratory.

PMAN 2.5.5 - Paper MANagement system / (C) 2002-2008, Osamu Mizuno / All rights reserved.