研究会・全国大会等
[1]  高知 竜也, 藤田 聡, ``mTreeboneに基づく離脱耐性のあるP2Pライブストリーミング,'' 電子情報通信学会コミュニケーションクオリティ研究会(CQ), July 2012. (愛媛大学)
修士論文
[1]  高知 竜也, ``ツリー型P2Pライブストリーミングにおけるノードの同時離脱を考慮した離脱耐性向上手法,'' Master thesis, 広島大学大学院工学研究科情報工学専攻, 2014.

This site is maintained by Distributed System Laboratory.

PMAN 2.5.5 - Paper MANagement system / (C) 2002-2008, Osamu Mizuno / All rights reserved.