論文誌
[1]  Hirotsugu Kakugawa, Satoshi Fujita, Masafumi Yamashita, and Tadashi Ae, ``A Distributed K-Mutual Exclusion Algorithm Using K-Coterie,'' Information Processing Letters, vol. 49, no. 4, pp. 213-218 , February 1994.
[2]  角川裕次, 藤田 聡, 山下雅史, 阿江 忠, ``分散アルゴリズムの実験的評価について --- 分散k-相互排除アルゴリズムを例として,'' 情報処理学会論文誌, vol. 34, no. 7, pp. 1629-1637 , July 1993.
[3]  Hirotsugu Kakugawa, Satoshi Fujita, Masafumi Yamashita, and Tadashi Ae, ``Availability of K-Coterie,'' IEEE Trans. Computers, vol. 42, no. 5, pp. 553-558 , May 1993.
研究会・全国大会等
[1]  Jieping Zhu, Hirotsugu Kakugawa, Satoshi Fujita, Masafumi Yamashita, ``The Distributed Anonymous Resource Conflict Resolutin Problem,'' 冬のLAシンポジウム, 数理解析研究所講究録, vol. 950, pp. 94-100, February 1996. (京都大学)
[2]  谷江 健, 角川裕次, 藤田 聡, 山下雅史, ``計算機ネットワークに自律的に適応する分散システムの検討,'' 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理, no. 1995-DPS-074, pp. 31-36, January 1996. (静岡大学)
[3]  谷江 健, 角川裕次, 藤田 聡, 山下雅史, ``LANにおける自律的な負荷分散プログラム,'' 平成7年度 電気・情報関連学会中国支部第46回連合大会, p. 322, October 1995. (福山大学)
[4]  朱 潔平, 角川裕次, 藤田 聡, 山下雅史, ``分散システムにおける無名資源競合回避問題,'' 平成7年度 電気・情報関連学会中国支部第46回連合大会, p. 446, October 1995. (福山大学)
[5]  朱 潔平, 角川裕次, 藤田 聡, 山下雅史, ``分散システムにおける無名資源競合回避問題,'' 夏のLAシンポジウム, 情報基礎論ワークショップ, pp. 119-124, July 1995.
[6]  角川裕次, 藤田 聡, 山下雅史, 阿江 忠, ``分散k-相互排除アルゴリズムの実験的評価,'' 平成3年度 電気・情報関連学会中国支部第42回連合大会, p. 338, October 1991. (広島工業大学)
[7]  角川裕次, 藤田 聡, 山下雅史, 阿江 忠, ``時刻印を用いないデッドロックフリーな分散相互排除プロトコル,'' 情報処理学会アルゴリズム研究会, no. 1991-AL-023, pp. 85-89, September 1991.
[8]  角川裕次, 藤田 聡, 山下雅史, 阿江 忠, ``分散k-相互排除のプロトコル,'' 電子情報通信学会コンピュテーション研究会, no. COMP1991-28, June 1991.
[9]  角川裕次, 藤田 聡, 山下雅史, 阿江 忠, ``分散k-Mutexのアベイラビリティ,'' 電子情報通信学会コンピュテーション研究会, no. COMP1991-13, May 1991.

This site is maintained by Distributed System Laboratory.

PMAN 2.5.5 - Paper MANagement system / (C) 2002-2008, Osamu Mizuno / All rights reserved.